ルーキー醤油の育成グラウンド

みなさんから寄せられた新しい醤油のアイデアを、熱血コーチがスカウトして育成します。

燃えよ!炎の育成グラウンド
育成担当コーチ ショウニーニョ山田

醤油界のヒット請負人。
プレーヤーの潜在能力を見出して期待のルーキー醤油へと育て上げるカリスマ。

新しい醤油のアイデア

餃子に合うマーマレード醤油(みいちゃんさん、食用菜花さん 他からのアイデア)

今日は家庭で作る代表的な中華料理、餃子の登場です。
どうやらみいちゃんさんからの「お酢が苦手なのでお酢を使わない餃子用醤油が欲しい」というご要望に挑戦するようです。


ショウニーニョ(以下シ):オハヨウ!今日はこれをターゲットにするゾ!
スタッフ(以下ス):おー!餃子ですか!これもまたビールのお共に最高ですね♪
シ:ウム!餃子は世界中の食文化に影響を与えた偉大な食べ物ダ!欧米でも餃子とよく似た食べ物が食されておるし、イタリアのラビオリも餃子が起源だと言われているんダゾ!
ス:おお…!まさに餃子を制す者は世界を制す、ですね!
シ:ソウダ!しかしだからこそ今日は難易度が高いゾ!心してかからねばならん!
ス:たしかに、餃子といえばすでに『酢醤油+ラー油』という大物プレーヤーがいますもんね。
シ:ソウダ!だが一方でお酢の酸味が苦手、という人も結構増えているようダしな!常識に縛られてはイカン!
ス:はい!コーチ・・・私たちで新たな定番を作りましょう!!
シ:お前たち、良く言ったゾ!早速特訓だ!!

ということで、意気込みも新たに特訓を始めるスタッフとルーキー醤油候補たち。
しかし、予想された通りというか・・・調整は難航しているようです。
次第にコーチの額にも汗が・・・
…と、コーチのもとへ、鼻息も荒くスタッフCがやってきました。



スC:コ、コーチ、食用菜花さん他みなさんのアイデアを参考に鍛えてみました!彼らはどうでしょう!?
シ:フム…早速、試食してみるゾ!

スタッフが連れてきたのは、それぞれ、レモン、ぶどう、グレープフルーツ、オレンジ果汁で酸味をつけたフルーツ醤油くんたちです。

シ:・・・ホウ、たしかにフルーツで酸味をつけるとまろやかで食べやすいな。特にオレンジの相性がいいゾ。お酢が苦手な人にもこれならいけそうダ!
スC:はい!ありがとうございます!
シ:だが、オレンジ果汁だけでは餃子の肉やにんにくのパワーに負けてしまっているナ…。
スC:そうなんですよね・・・どうしたらいいんでしょう・・・

喜んだのもつかの間、痛いところを突かれてしおれるスタッフC。

シ:ウム・・・・ならばこれでどうダ!

そういってコーチがとりだしたのは・・・

ス:マーマレード、ですか・・!?
シ:ソウダ!これでどうダ!



ス:す、すごい・・・!意外だけどおいしいです!!
 マーマレードのまろやかな甘味と酸味が味に奥行きを与え、かつ爽やかな香りが変化を付けていますね
シ:ウム!餃子の重量感のあるボディを軽やかに包み込み、時折皮がほろ苦いアクセントを添える。まさに千変万化のファンタジスタダ!
ス:意外性といい、相性といい、将来性十分なルーキー候補ですね!
シ:しかし、みんなのアイデアがなければ彼を育成できなかった…礼を言うゾ!
 私もまだまだ勉強が必要ダナ!!
ス:コーチ・・・
シ:ということでグラウンド10周するゾ!!もちろんお前たちもダ!
ス:ああああやっぱりーーー!!!!?

というわけで、今日もグラウンドにはスタッフの悲鳴とコーチの怒号が響き渡るのでした・・・